早めに決断すればよかった脱毛

私は小さい頃から毛深さを気にしていました。
小学生の時などは、男子に毛深さをからかわれてすごく嫌な気持ちになっていて、余計に気にする様になりました。

小学生の高学年頃から、自分でカミソリで処理する様になりました。
20年間以上、毎日自己処理していて、1番の悩みは自分の肌がチクチクする事です。
どうしてもすぐ生えてきますし、カミソリ後はチクチクした毛が生えてきます。

自分だけならいいのですが、腕が人に当たるとチクっとした感触があり、相手もその感触があると思うと本当に嫌で、人に当たらないようにや、長袖を着る生活になっていました。

そんな私が脱毛を決断するのは、30代になっていました。
部位は、最初は脇、ひじ下、ひざ下、口まわりです。
最低限、見える部分、触れる部分をと思い始めました。

通っている脱毛は大阪の美容皮膚科で、想像していた痛い脱毛とは違い、ヒンヤリした器具を当てるだけの脱毛でした。

全然痛くもないですし、少しのヒンヤリなので快適に脱毛する事が出来ています。

脱毛後、2回目くらいから効果が出てきて、5回目が終わった今はあれだけ悩みだったチクチク感もほとんどなくなり、もっと早く脱毛を決断すれば良かったと思いました。